忍者ブログ
ハノイから今度はクアラルンプールへ飛び出してしまったそのこのひとりごと。 よかったらおつきあいくださいな。
 419 |  418 |  417 |  416 |  415 |  414 |  413 |  412 |  411 |  410 |  409 |
Posted : 2017/08/23 03:36
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted : 2007/10/19 21:00
お友達に借りて読んだ「手紙」



主人公は強盗殺人という罪を犯した男の弟。

普通の高校生だったはずの彼が「犯罪者の弟」とレッテルを貼られ、普通に生きていけなくなる様が描かれています。
彼の人生の転機に舞い込む兄からの「手紙」
その「手紙」が彼の足かせになり、兄の存在自体が疎ましいものになる。

凶悪な事件が起こる昨今、被害者やその家族、加害者を中心として報道がなされますが、
その加害者の家族にもまた壮絶な人生が用意されていることを改めて思い知らされた気がします。

本書に出てくる「やったのは自分じゃない。なのに…」というフレーズ。
この本は小説ですが、あながち嘘ではない気がします。
犯罪者の家族であるということに対する差別、偏見は必ずあると思います。残念ながら。

「罪を憎んで人を憎まず」なんて言葉がありますが、実際の世界はそうはいかないようです。
重いテーマではありますが、一読の価値はあります。
そしてもし罪を犯しそうになったときに家族、自分の好きな人の姿が心に浮かべば…。
この本が犯罪の抑止力になればいいですね。

映画化もされているそう。山田くん主演、見てみたいなあー。




PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
これから読もうと思って
頼んでおきました。楽しみー
kanchi 2007/10/20(Sat)08:39 編集
Re:あ
ネタばれしてたらごめんねー。面白かったよ。ぜひ読んでみて。
sonoko   2007/10/29 22:18
無題
お気に召してよかった~^^同じく東野圭吾の「容疑者Xの献身」も面白かったよ。あと月9の新ドラマ「探偵ガリレイ」の本持ってるのでまたよかったらどうぞ~。
これ、キャストもいいしめちゃくちゃ観たい!!
kazu URL 2007/10/25(Thu)23:36 編集
Re:無題
ありがとうでしたー。ぜひまた本貸してくだされ。
こっちだとなかなか新しい本が読めず…(T_T)
活字に飢えてます。
sonoko   2007/10/29 22:25
復活するの?
復活するの?
BlogPetのkotaro URL 2007/10/27(Sat)13:45 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin / Write / Res
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
最新トラックバック
プロフィール
HN:
sonoko
性別:
非公開
自己紹介:
ハノイ在住のそのこの独り言です
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア















M/Y/D/S 壁紙館
アクセス解析
jog note
コメントありがとうございます。
フリーエリア
フリーエリア
Copyright ©  ハノイ?生活  All Rights Reserved.
*Material / Template by tsukika  *忍者ブログ [PR]